生徒によって異なる塾の先生の教え方について

 

様々な教え方

塾の先生の教え方には様々なタイプがあります。
生徒はそれぞれに適する学び方というものがあるために、どんな先生の教え方が適するのかを知っておくことが必要です。
まず基本的に勉強が苦手で、自分では進んで取り組まないような生徒には、ある程度範囲を絞って集中的に教えるタイプが向いています。
いわゆる試験に出る問題を予測して、それを解けるように教え込むスタイルです。
長い時間勉強することが苦手なタイプには向いていますが、もちろんその予測が外れてしまうと得点を稼ぐことはできない欠点があります。
また似たように短時間での勉強が必要な生徒もいます。学校のクラブ活動などを続けているようなタイプで、あまり勉強に時間が取れない場合に効果的な方法です。
それは、まず応用問題を徹底的に考えて解くというものです。ただし、ひとつの問題で複数の基礎を身につけることができるような問題を選ぶ必要があります。
つまり、応用問題を解く過程で基礎を身につけるというスタイルとなり、かなりの時間短縮が可能となります。
集団での授業を受ける塾に増えているスタイルで、これまでのようなテクニックを身につけるものとは異なる教え方となります。
生徒はある程度の負荷もかけられるので忍耐力も身につくようになります。また本番の試験さながらの模試も行うことで、粘る力もつけることができる塾となります。
さらに周りにライバルがいることによってモチベーションを高めることができるタイプにも効果的な方法となります。
従来の個人で運営する塾に多いスタイルとなりますが、先生の能力によって学力の向上にも探す出ることが課題になります。
そのために口コミなどによる評判で先生を選ぶようにもなるのが特徴と言えます。考え抜く力をつけるので、受験が終わっても自分では学ぶ姿勢が身につくことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。