名進研に途中から入りたい場合は?

   2018/01/12

子供の小学校の編入手続きは、案外考えなければならないことが多くあります。
特にわたしの場合、どこに編入させるのか、ということをしっかり考え、そしてそれができるのかどうか、ということをチェックすることが大変でした。
ここでは、何かの事情によって子供の編入が必要になった場合の情報として、名古屋の小学校である名進研小学校について、どのようにして編入を取ることができるのか、その編入方法についてわたしが調べた情報を紹介します。
まずは、この名進研小学校がどのような学校なのか、なぜ編入をさせたいと思ったのか、その部分についてを簡単に紹介します。

名進研小学校について特徴的だと感じるのは、何よりもその特別なカリキュラムです。
通常の公立学校等の場合に比べて、約1400時間多いというカリキュラムの構築は、これだけで十分な勉強ができるように配慮されている、ということが分かるのではないでしょうか。
このカリキュラムはただ時間が多いというだけではなく、しっかりとした能力を持った教員の方によって行われるようになっている、というのも特徴的な部分の一つでした。
元々名進研は学習塾として知られており、小学校においてもその特徴を引き継いだ、効果的な授業ができるような教員の教育に力が入っている、というのが分かりやすかったためです。
さらにもう1つポイントであると感じたのが、カリキュラムの中にマナーを教える授業や、英語を教える授業などの独自のものが含まれていたという点です。
これらについても今後の社会において必要なものであると感じるものであり、しっかりと教育を行ってくれるようになっているのは、親として安心できるポイントであると感じました。

それでは、そんな学校への編入方法がどのようなものになっているのかについて簡単に紹介します。
これについては、まずは願書の提出を行う必要があります。
私立の小学校ということもあり、公立の学校と違って無試験で編入することができるわけではありません。
その為の願書提出期限が前年の12月の半ばまでとなっているため、入学したいと考えているのであれば、早い段階から準備を進めておく必要があるかと思います。
ただ、願書提出のために必要となる書類などについては特別なものがあるというわけではありません。
学校によって指定されている願書の他には、受験票返送のための封筒が必要な程度であり、それ以上の特別なものは用意する必要がないため、すぐに用意しようと思えば用意することができるでしょう。

この願書の提出については、郵送でなければならないというルールとなっていたため、近くにお住まいの方であっても窓口提出をすることができない点には注意する必要があります。
そのため、ある程度余裕を持って提出ができるように準備を進めておくのが良いでしょう。

また、この編入手続きについてですが、無条件でどの学年でも入学できるようになっているわけではありませんでした。
元々受け入れの人数がそこまで多くはない、少数精鋭というような学校である点もポイントの一つであるため、その時々、対応することができる学年についてのみ受け入れを行っている、というような形式となっていることがわかります。
例えば2018年からの編入を考えている場合については2年、4年、5年が対象であり、その他の学年については募集が行われていませんでした。
これらの学年によって、実際に行われることになる受験の内容にも違いがあります。
2年については国語と算数が、4年と5年については国語と算数に加えて理科と社会が受験科目となっていました。
高いレベルの教育が行われている学校だけあり、こちらの準備は十分必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。