名進研などタイプに合わせて選ぶ

   2017/09/05

東海地方には名進研をはじめとする大手の進学塾や学習塾、予備校など優秀なところが多数あります。
また地元密着型の規模の小さなものもありますから、これらを合わせば本当に多数の進学塾や学習塾や予備校が存在しています。
どこを選べばいいのか悩んでしまうでしょうが、学力をしっかりと着実につけていくためには子供のタイプに合わせて選びましょう。

名進研のようなところを選ぶのであれば集団でも勉強することが苦ではなく、自分から積極的に意見を言える子が適していると言えるでしょう。
名進研の場合、学校の授業スタイルのような形を取っています。
同じようなレベルの子供たちが一つの集団となって先生が前に立って授業が進んでいきます。
わからなければ手を挙げて質問をすればいいですし、学校の時のように授業中に先生が質問を生徒に出すこともあります。
集団の中でもきちんと意見を言えて学校のような授業スタイルでも嫌でないのであれば、この教室がいいでしょう。
周囲には同じように勉強に真剣に取り組んでいるライバルたちがいますから、自分も頑張らなければならないという気持ちになりますし、気持ちを奮起して勉強を頑張れるでしょう。

しかし子供の中には、学校であれば集団で勉強をすることは仕方がないことだし受け入れることもできるが、学校以外でも集団での授業スタイルはあまり好まないという子がいます。
自分がどのようなレベルであるのかを周りの人に知られたくない、あまり勉強が得意ではないことが周囲の人にわかるのが嫌だし、自分のペースで勉強をすすめていきたいから集団での勉強スタイルは好まないという人もいます。
このようなタイプのこの場合には、少人数の勉強スタイルがあっています。
個別や少人数制のスタイルをとっているところに行けば勉強に集中して取り組むことができるでしょう。
また、一切ほかの人の目が見えない方がいい、自分だけのペースを守りたいという場合には、個別や家庭教師のスタイルでの勉強が向いていると言えます。
人はそれぞれ性格が異なります。
これは勉強をするときも同じです。

集団が向いている人もいれば個別での勉強が向いている子もいるのです。
その子が一番適したスタイルの勉強を取り入れるとしっかりと学力をつけていくことができるでしょう。

受験のために教室に入らせたいと親が考えるのであれば、ある程度年齢の大きな子どもであれば、子どものやる気を引き出しましょう。
特に受験が近づいてきている年齢であれば、早くから教室に通わせて勉強をさせることがいいとは言いますが、子供がやる気にならなければ、だらだらと授業を受けて進むだけで一向に身につかないでしょう。
要はやる気なのです。
そのためにも早めに目標場を決めてその目標校に合格するためには何が必要であるのか、どの程度の学力が必要になってくるのかを明確にします。
明確な目標ができれば人は頑張れるものです。
将来なりたい職業があるのであれば、その職業を目指すためにはどのような学校を卒業しなければならないのか、その学校に入るためには今の学力ではどの程度足りないかを具体的な数字に表すと分かりやすいでしょう。

ただし、子どもの学力が目標校合格には足りないからと言って、親はただ単に叱るだけでは子供のやる気は出てきません。
「勉強をしなさい」「学校に「合格しないよ」などと言われても全くやる気は出てこないのです。
子供は褒められるとやる気も出てくるものです。
親も一緒になって子供の受験に取り組んでいくことで親も一緒に頑張ってくれている、期待をしてくれているから頑張ろうと思えてくるのです。
やる気を引き出すためにも褒めながら子供の学力を伸ばしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。