名進研のプロフェッショナルな講師

   2017/07/24

進学のために勉強しなければいけないのは大学受験を目指す予備校生だけではありません。予備校選びは大変な作業ですが最近では小学校の時から進学塾に通うケースも多いのでかなり幼いお子さんをお持ちの親御さんにとっても学習塾選びと言うのは非常に重要な選択の1つであるといえます。タイプもいくつかありますがまずは受験用の進学塾と言うものがあります。主に中学受験をターゲットとした受験用のところでは小学校3年生ぐらいから通い始めることが多いようです。テストを受けてからでないと入ることすらできない教室も多いようです。こうしたところではかなり授業時間が長く夜の遅い時間になることも多いのでそうした面も考慮して選ぶ必要があります。もちろん私立の学校への進学を選ぶのか、それとも公立校の受験をメインに考えているのかでも選ぶべき場所が変わってきます。

次に考えたいのは補習塾と言うタイプの教室です。これは学校の学習をフォローしたり勉強の習慣をつけるための補習をするための教室です。誰にでも不得意な分野と言うものがありますので、そうした分野をなるべくサポートしてもらって学習に対する意欲を上げようという目的もあります。低学年のうちはこうしたところに通っていて、高学年になってから受験用の学習塾に変えるという家庭も少なくないようです。場所によって指導の仕方がいろいろ違いますので、どのようなスタイルの教育方針を持っているか周りの意見も聞きながらしっかりと考慮する必要があるでしょう。

最近最も勢いのあるスタイルが個別指導のタイプです。個別指導型では生徒一人ひとりの適性に応じてフォローの仕方を変えてくれますので、習い事との両立や保護者の都合に合わせた予定の組み方など、様々な家庭のニーズに合っているのが魅力です。また集団で授業を受けるのが苦手なタイプのお子さんもいますので、そうしたお子さんの為にもこうした個別指導を実践している教室は価値があると言えるでしょう。さらには予備校などの学校以外の勉強内容をフォローするという目的で個別指導教室に通っているお子さんも多いようです。このように様々なタイプのところがあるので選ぶ前に自分の子供の本当のニーズがどこにあるのかを見極める必要があります。

東海地方の名門として知られる名進研では他では真似のできないアプローチによって生徒一人ひとりの意欲を呼び覚ますことに成功しています。中学受験コースでは競争原理を利用した集団指導が行われています。行うテストの結果によってクラスや席順も変わってきますので、子供たちが切磋琢磨して成長していくとができるようです。高校受験コースでは50分の授業を1日3時間そして週3日の通うこととなります。入試を突破するのに必要な学力をつけ、高度な学習習慣を身に付けることが目的となっています。また1クラスの人数をある程度制限することによって担当の教師が生徒一人ひとりに注意を払えるように配慮がなされています。

名進研の講師として教壇に立っているのはどのような人々なのでしょうか。子供たちを指導するためには真のプロフェッショナルでなければなりません。名進研の講師たちは採用段階でその教師としての資質を見極められるため面接や筆記試験による厳しい選考が行われています。本当に生徒たちと向き合うことのできる人材が教師として選ばれているのです。もちろん採用後も教師たちの努力は続けられています。充実した研修プログラムによって授業の進め方や教壇に立っているときの視線の方向や語り口に至るまで研鑽を積んでいます。子供たちに対してだけでなく教師たちに対しても質の高い教育が行われているので名進研は東海地方の名門としてその地位を確立してるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。